鼻に関する病気

急性鼻炎

鼻炎(びえん)は、鼻内部の粘膜に炎症が起きる病気です。鼻粘膜が腫れて、刺激を受けやすくなるため、鼻づまり・鼻水・くしゃみの3つの症状が出やすくなるのが特徴です。鼻炎には経過や原因の違いにより、「急性鼻炎」「慢性鼻炎」「アレルギー性鼻炎」に大別することができます。ここでは、急性鼻炎と慢性鼻炎について説明します。


急性鼻炎は、俗に「鼻風邪」と言われるもので、80~90%はウイルス感染が原因で発症します。症状が出てから1~3週間程度で治るのが一般的です。大抵は、安静と保温を努めるとともに、栄養補給と十分な睡眠をとることでよくなります。しかし、稀に炎症がひどい時には医師に相談のもと、適切な薬などを投与する必要があります。


そして、発症してから数週間以上経過しても症状が改善されず、慢性化したものが慢性鼻炎です。すなわち、急性鼻炎を繰り返したり、長引いたりした場合に慢性鼻炎が起きます。慢性鼻炎の場合は医師の診断が必要です。


慢性鼻炎の中でも初期の軽いものであれば、薬物療法で改善されますが、進行が進んでいれば、レーザー焼灼(しょうしゃく)術や手術療法を必要とする場合もあります。レーザー焼灼術は、鼻の穴から器具を挿入して、炎症を起こしている部分にレーザーを照射する治療法です。最近は外来で手軽にできるようになってきています。手術は、腫れている鼻粘膜を切除します。


アレルギー性鼻炎については後述しますが、鼻炎といっても様々なものがあります。中々、回復に向かわない場合は医師の診断を受けましょう。