鼻に関する病気

アレルギー性鼻炎(花粉症)

花粉やダニなどが原因となって、鼻粘膜にアレルギー反応が発生するために起こる鼻炎です。アレルギー性鼻炎には、花粉症のように特定シーズンに起こる「季節性」のものと、季節とは関係なく1年を通して起こる「通年性」のものがあります。


症状は鼻風邪と同様、鼻水・鼻づまり・くしゃみです。アレルギーの原因となる異物を「抗原」(こうげん)と言いますが、季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー鼻炎ではその抗原の種類が異なります。その原因や症状から「鼻過敏症」とも言われます。


季節性アレルギー性鼻炎といえば、まず思いつくのが花粉症です。花粉症の抗原にはスギ花粉以外にもハンノキ属・ヨモギ属・ヒノキ科・イネ科・シラカンバなど様々な花粉があります。こうして見ると、季節性アレルギー性鼻炎の発症は春先に限ったことではないのです。


住んでいる場所にも寄りますが、各時期に応じ、ほぼ1年を通して何らかの花粉は飛来しています。花粉症は20から40歳代に多いとされていますが、最近では子供の花粉症も増加してきています。花粉症の場合は、目のかゆみやのどの痛みなど、鼻以外の症状を伴うことがあります。


次に、通年性アレルギー性鼻炎の主な抗原は、ダニやペットの毛などです。通年性アレルギー性鼻炎は小・中学生に多いとされ、気管支ぜんそくを伴うこともあります。しかし、一般的に、季節性アレルギー性鼻炎に比べ、抗原の量が少ないため、それだけ治りやすいのです。