鼻に関する病気

鼻中隔彎曲症

鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)とは、その名称から「鼻中隔」が左右どちらかに曲がっていることにより引き起こされる病気です。鼻中隔とは、鼻腔を左右に隔てている中央の仕切りのことです。


実は、大人の鼻中隔は誰しも左右どちらかに曲がっているものです。彎曲の程度が軽く、日常生活を送る上で問題がなければ放置していてもよいです。しかし、中には彎曲の程度がひどく、鼻づまりなど不快な症状に悩まされる場合があります。これが鼻中隔彎曲症となるのです。


では、何故(鼻中隔が)曲がるのでしょうか? それは鼻中隔の発育過程にあるのです。鼻中隔は、「鼻中隔軟骨」「篩骨正中板」「鋤骨」という3つの骨で構成されています。それぞれの骨は発育スピードが異なり、それが原因で鼻中隔は曲がるのです。


例えば、鼻中隔軟骨ばかりが発育しすぎたり、鋤骨の発育のみが遅い場合など、3つの骨の発育バランスが崩れると、鼻中隔が曲がったり、飛び出たりします。というわけで、鼻中隔は成長過程で徐々に彎曲してくるため、子供には見られず、大人になってから症状が出ます。


鼻中隔彎曲症の症状は、鼻づまりが最も多いのですが、その他に鼻出血がある場合もあります。また、鼻腔が狭くなって通気が悪くなると、副鼻腔内に細菌が繁殖して、粘膜に炎症を引き起こしやすくなります。その結果、慢性副鼻腔炎を発症する引き金になります。このような症状を感じられた人は、早めに専門医の受診が必要です。おそらく、鼻中隔矮性の手術を行われると思います。