鼻に関する病気

急性副鼻腔炎

鼻風邪などの鼻腔の炎症が副鼻腔まで広がったものを「急性副鼻腔炎」と言います。鼻腔の周囲には4つの空洞(上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞)があり、これらを副鼻腔と言います。(「鼻の仕組みと働き」を参照のこと) この副鼻腔の粘膜に、細菌やウィルスが感染して炎症を起こし、膿(うみ)が貯まるのです。


急性副鼻腔炎の大半は、鼻風邪がもとで発症します。鼻風邪によって、粘膜が腫れて、鼻腔と副鼻腔をつなぐ孔(自然孔)がふさがれてしまいます。自然孔は副鼻腔に入った細菌やウィルスなどを鼻腔に排出するための通り道です。


自然孔がふさがれることによって、細菌やウィルスが副鼻腔にとどまることとなり、急性副鼻腔炎を引き起こすのです。急性副鼻腔の症状としては、粘り気のある膿性の鼻水が出ます。膿性の鼻水とは炎症部が化膿して生じるため、黄白色または黄緑色をした鼻水です。


このような鼻水症状の他、鼻づまり・後鼻漏(こうびろう)・頭痛・発熱などを放ったりすることもあります。後鼻漏とは、鼻水がのどに流れ落ちる症状をいいます。また、急性副鼻腔炎は鼻水に悪臭を伴ったり、嗅覚障害が起こる場合もあります。


治療法としては薬物療法の他、ふさがっている自然孔を開き、副鼻腔に貯まった膿を排出して洗浄する治療が行われます。いずれも専門医(耳鼻咽喉科)の診断が必要です。不安を感じたら、或いは心あたりがある方はほっておくと慢性化するため、早めに受診することが大切です。