鼻に関する病気

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎は、前述の急性副鼻炎が慢性化したものです。つまり、副鼻腔の粘膜に細菌やウィルスが感染して、炎症が起こって副鼻腔に膿などの液体が貯まった病気が副鼻腔炎です。そして、その状態が長期に渡って続くのが慢性副鼻腔炎ということです。一般的に、慢性副鼻腔炎のことを「蓄膿症」(ちくのうしょう)と呼ぶこともあります。


ということで、慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎を治療せずに、ほっておいたために悪化させたり、頻繁に繰り返していたことが原因で発症する場合が多いのです。また、鼻内部の構造が副鼻腔炎慢性化の要因となる場合もあります。


どういうことかというと、鼻の内部を中心である鼻中隔の彎曲がひどい場合は粘膜に炎症が起こりやすく、鼻腔と副鼻腔をつなぐ自然孔もふさがりやすくなります。そのため、副鼻腔炎を繰り返し発症します。


慢性副鼻腔炎の症状は、急性副鼻腔炎の症状とほぼ同じです。すなわち、膿性の鼻水・鼻づまり・後鼻漏(鼻水のどがに流れ落ちる)・頭痛・発熱は、勿論症状として表れます。その他、嗅覚障害や鼻茸(はなたけ)が慢性副鼻腔炎で特徴的な症状です。鼻茸について、詳細を後述しますが、鼻粘膜のできるポリーブで、鼻茸のある人はそのほとんどが慢性副腔炎にかかっていると言われています。


治療法についても急性副鼻腔炎と同じです。程度の違いこそあるが、薬物療法・自然孔の開孔・副鼻腔の洗浄という治療が施されるのが一般的です。これらの治療を行うためには、専門医(耳鼻咽喉科)の診断を受ける必要があります。少しでも早い対応が望まれます。